Undet for Revit

UNDET を使用すると、Revit の点群ユーザーは作業時の視認性、操作性、パフォーマンスを向上させることができます。

点群を Undet ダイナミックビュー(オルソ画像)に変換

UNDETダイナミックビューは点群よりも軽快に、さらに優れた視認性と表示に関わるタイムラグが完全に排除された表示機能を提供します。これにより従来のモデリング技法やワークフローを変えることなく、モデリングの生産性を大幅に向上させることができます。

Experience better visibility
to see the finest details and keep high Revit performance
Experience better visibility
to see the finest details and keep high Revit performance
Experience better visibility
to see the finest details and keep high Revit performance
Experience better visibility
to see the finest details and keep high Revit performance

点群のパフォーマンスを向上

Undet ダイナミックビュー(オルソ画像)は生成処理が速く、Revit の処理速度を大幅に低下させることはありません。 

より速く作業を開始するため、Undet for Revit プラグインでは、変換に時間のかかる Autodesk ReCap RCP ファイルを作成する必要はありません。

点群制御の柔軟性が向上

Undet ダイナミックビューの生成領域は、「画面領域」または「定義領域」の選択、解像度とカラーリングの更新、Revit ビューの範囲外での生成が可能で、モデルビューに表示される情報のレベルを柔軟に制御することができます。

生成されたダイナミックビューは、Revit ビューに記録されており、必要時には即座に再ロードされます。

モデリングの生産性を向上!

点群データに基づいて Revit でモデルを作成した経験をお持ちの作業者は、大規模なプロジェクトになるほど、膨大な作業量に混乱してしまうことを知っているでしょう。

UNDET ダイナミックイメージを使用することで、モデリングの生産性が2倍になることをご存知ですか?

主な特徴

ダイナミックビュー

ダイナミックビューは、点群動作の重いRevitに代わって、3D点群データに基づいた軽量・視認性の高いオルソ画像ベースのビュー表示を行うツールです。

点群ビジュアライゼーション

点群の視覚化と高度なカラーリング管理ツールにより、点群の細部をすばやく確認できます。

Revit ビューの統合

Undetはアクティブな Revit ビュー範囲の設定を自動的に読み取って、断面位置の中心にダイナミックビュー(オルソフォト)を生成します。

ダイナミックビューの出力

UNDET ダイナミックビューをDWG/DXFにオルソ画像としてエクスポートすることで、さらに2Dベクトル化の素図として利活用することができます。

大規模地理データのサポート

地形など、大規模座標系の点群データファイルを快適に扱うための地理参照ツールは、点群を内部座標系や既存の3Dモデルに合わせてオフセット・回転することができます。

ReCap (* .RCP) のトリミング

UndetプロジェクトからReCap (*.rcp) 形式への変換と、任意形状のポリゴンエリアを指定して、ReCap 形式の点群データを切り抜き、一緒に3D点群ビュー上で参照する機能が備わっています。

Undet Browser との連携

Undet Browser は、Undet プロジェクトの点群をFARO SCENE WebShare Cloud サービスに接続し、スキャンエリアの状況を3Dパノラマ画像として参照することができます。

点群と3Dモデルの検査ツール

検査ツールは、3Dモデルと点群データを比較して、精度分布をビジュアル化・確認することができます。

UNDET for Revit プラグインの無償トライアルを入手して、是非お試しください!